メインイメージ

荷物の量や性質、走る環境を考えて選ぶ

トラックを利用する方は、主に事業の用に供します。
法人として購入するケースだけでなく、自営業や農林漁業などを営んでいる方にも需要の大きい車種です。
たとえば、農家であれば田畑まで農業用機械や道具を運んで行ったり、収穫した農産物を運んだりと毎日のように、自宅や田畑と農協などの間を行き来することでしょう。
また、自営業として電気店を営んでいれば、電気製品を積んだり、電気工事のための工具やはしごなどの道具を積んで、毎日お客様のもとへと向かいます。
リフォーム業者であれば、様々な工具や住宅設備などをのせて走るかもしれません。
業務でトラックを使用する際は、こうした事業目的と運ぶ荷物の性質や種類、そして量に応じたサイズを選ぶのが賢明です。
同時に積み荷や利用目的だけでなく、よく走る場所や駐車スペースのことも考えて選ぶのがいいでしょう。
狭い道が多い環境や、十分に駐車スペースが確保できないのに、大きなトラックを選ぶと往来するにも手間取るためです。

おすすめWEBサイト 5選

Copyright © トラックに乗ろう! All Rights Reserved.